今日は整形外科でのリハビリのため、午後で仕事を上がって一旦帰宅。

ウチの最寄の地下鉄駅で降りて外に出ると、ちょうど近所の中学校の放課後だったらしく、交差点で信号待ちしてると中学生がワラワラと湧いてくる。
と、俺の背後でJC(ジャズコーラスではない。女子中学生である)二人の会話が聞こえてきた。

JCその1「…え〜?違うんじゃない?」
JCその2「いや、そうだよ。きっと」

ま、最初は聞き流していたんだけど…。

JCその1「いや、オネエじゃないよ。たぶん」
JCその2「じゃバンド?ヘビメタ?www」

…おいおい、こらこら。それ、俺のことか?
周辺を見ても、その「オネエもしくはヘビメタ」に該当しそうなヤツって、俺くらいのもんだ。

ふと振り返ると、表情をこわばらせたJC2名。
逃げるわけでもなく、笑うわけでもなく。
ただ無言で視線を逸らしてる。

おぅ、おネェちゃん。
言っちゃあ何だが、どっちも違う。
強いて言えばヘビメタの方が近いが、残念ながらヘビメタともちょっと違う。

…って説明してやりたい気分だったけど、
そんなことしたら「声掛け事案」として中学校で注意喚起されるのがオチだし。
すぐ目の前に警察署もあるから、もっと即効性のある結果になるのも嫌だったので、グッと言葉を飲み込んだ。



…なんとなく負けた気分です(~_~;)