画像1


連続日記でアレなんだけど。
一昨日は久々に…
ホント久々に、新バンドのリハでした。

諸々セッティングして「さて」というタイミングでの、ボーカリストYomoからの一言が、
「お久しぶりです。お待たせしてすいませんでした」って…。

その殊勝なんだか、照れ臭いんだかよく分からない様子に思わず吹き出す一同。

良かった。
また笑い合えて良かったよ。



実は、数週間前のこと、
某アウトレットパークで、偶然にもYomoと出くわしたのだ。
プライベートで会うのも久々のこと。

「よりによって、なんでこんなトコで会うかね?」って笑って別れたけど、
そのあとすぐにYomoからメールが来た。

「そろそろ演れ!ってことなんだと思う」って。
しかも「時間が経ちすぎて、気持ちが失せたりしてない?」って心配してやんの。

なんじゃそれは?
すれ違いカップルのやり直しか?っつーのwww

俺はともかく、
リズム隊の二人なんか、聞きづらそうに「あの…バンド、無くなっちゃったんですか?」って尋ねてきたんだぞ。
あんまり心配かけるんじゃないwww



あの冬の入り口で起きた、あまりにも悲しい出来事が、
せめて音楽とは全く関係ないことだったら、
一緒にスタジオで爆音を出すことで悲しみを薄れさせられたかもしれないけど、

残念ながら、その悲しみは彼の生活(音楽)と密接だったりしたもんでさ。
そりゃすんなりスタジオに入る気にはならなかっただろうな。

一昨日のスタジオ入りまで、一体どんな心境だったのかと想像すると、とても複雑な気持ちになるけど、
それでも何でも、バンドは活動を再開したわけだ。



…って事で、我々の名前を発表しよう。

The Lion Rendezvous
(ザ・ライオン・ランデブー)

名付け親はYomoで、「百獣の王たちの密会」って意味らしい。

そう遠くないうちにライブ告知もできそうです。

詳細は追って。