画像1

画像1


皆様明けましておめでとうございます。
今年は巳年ですね。

蛇は「生命力」の象徴でもあり、死ぬまで脱皮を繰り返すという「変化」の象徴でもあります。
グロテスクなルックスに反して、実はポジティブな意味も持ってるんですな。

子どもの頃から蛇って生き物が大好きで、
大人になってからは蛇皮とか、蛇柄のものを好んで使ったりしておりますが、
ニシキヘビやコブラはもとより、10年ほど前からはガラガラヘビに魅了されています。

最初に入手したのは写真左上の財布とカードケース。
リサイクルショップで偶然見つけて、未使用品の割にものすごく安かった記憶があります。
で、その独特のささくれ立った鱗の手触りが他の蛇皮の滑らかな感じとは違ったので、色々調べてみたところ、
これはどうやらガラガラヘビの皮のようだと…。

調べれば調べるほど、その生態も魅力的。
あの尻尾の先のガラガラなんて、生まれながらにマラカスを持ってるようなもんでユニークじゃない?
俺的には「かなり危険で、ちょっとだけ臆病な、砂漠の街のラテン系ミュージシャン」ってイメージ。

写真は俺のガラガラヘビコレクション。
財布、カードケース、携帯電話ケース、ベルト、頭部剥製のキーリング、
頂き物のリストバンド風の時計なんかは普段でもよく着けてます(^-^)