昨夜のライブにお越し頂いた皆さん。
また、共演者、関係者、とりわけビードロギニョルの皆さん。
ありがとうございました&お疲れ様でした。

昨夜はビードロギニョルによる初の自主企画ライブ。
であると共に、サポートメンバー2名の同時脱退ライブでもあるという、なかなか感慨深いものでした。

企画が決まったとき、会場となるsusukino 810に相談を持ちかけ、真っ先に我々武尊に出演の打診を頂いたとのこと。
俺としては、あの場にビードロに似合う毒々しい花を添えられたなら本望です。

ビードロの五人と話してておもうのは、彼女達は本当にひたむきで真面目なんだな…と。
同時に、自分が若かった頃の気持ちを思い出させられたりして、
何だかとても純粋な気持ちにさせられるのです。

打ち上げで、恐る恐る「サポートメンバーの脱退理由」について聞いたところ、
それは衝突によるものではなくて、それぞれの選択による前向きな脱退だったそうで、
俺が変な心配をする必要など無かった訳で…。


これはきっと列車の旅みたいなものなのでしょう。

「昨夜」という駅で、二人は列車から降りて別の目的地に向かい、
列車に乗り続ける三人は、また別の仲間が乗って来るのを待ちながら旅を続ける…的な。

それぞれの旅を有意義なものにできるとイイね。

また会おう。
ひとまずはお疲れ様でした(^-^)