画像1


昨夜は「名無しのバンド」のリハ。

久々のスタジオだった上に、ちょっと前に悲しい出来事もあったので多少心配ではあったけど、
それでもみんな元気そうで良かった。


「もう忘れてるんじゃないか?www」って、最初に作った曲をおさらいしてみたのは、
もしかしたら初心に返るという意味もあったんだろうか。
ドラマーのスケちゃんが「久々なのに、逆に良くなってるね」なんて言ってた。

タカちゃんが持ってきた「最近中古で入手した」という古いベースは、俺の学生時代の先輩が持ってたものと一緒で、
なんだか生々しくて乱暴な音が新鮮だったり懐かしかったり。

曲にはヨモの歌が乗り始めて、やはり肉声には他の楽器とは違う魔法があると感じる。


なんだか色々と煩わしかったり、悲しかったり、腹が立ったりする毎日でも、
俺が狂わずにいられるのは、こんな喜びがあるからなんだと思う。
音楽に関わりの無い人からは、「そんな感覚、羨ましいね」って言われる事もある。

羨ましいなら、大好きな仲間とバンドでも始めてみたらイイぜ。
金がもうかるわけでも、女にモテる訳でもないけどね。


楽しみと言えば、
昨夜のリハから帰宅して、新雪の駐車場で発見したのが上の写真の足跡。
姿は見えなくても、奴等がどこをどう辿ったのか分かる。

俺の、冬の楽しみの一つなんだよ。