紆余曲折あっても、やはりこういうところに辿り着く。

ノスタルジーとかじゃなく、むしろ自身のこれから先を考えてのチョイス。