渋谷


27日(日)

会場入りが夕方との事で、割とのんびりした朝…っつーか「昼」www
寝起きにビール飲んでみたり、友人とプラプラ歩きながら近所の定食屋に行ったり。
札幌での休日より休日らしいリラックス感。


渋谷駅に着いて「さて…会場はどっちかな?」とキョロキョロ。
横断歩道で信号待ちしてると、隣に立ってたのが当日の競演バンドBURUNET BULLでサポートギターを弾いてるミロ君。
土地勘が無くて不安になってるところに知り合い、しかも行き先を知ってる人。
これは心強いwww

会場に着き、ブルブルの皆さんやDJタケさん、ホールの皆さんにご挨拶。
程なくしてリハ開始…と、ここで問題発生。
ブルブルのうっきー君が持ち込みしてくれたデカいギターアンプと、会場据え置きのアンプの出力が違いすぎて、ギター2本の出音バランスが悪いのだ。
小さな会場なので、アンプはマイクで拾わずにスピーカーからの生音。
こりゃマズいぜ。

これはどうしたものか?とあれこれ試した結果、
会場にあった(おそらくは)キーボード用と思われるアンプを積み重ね、スピーカーBOXとして増設することに。
そもそも音が出るのかどうかも不明だったものの、勘を頼りに接続してみるとこれが大正解!
「いや~、なんとかなるもんだね~」とみんなでニヤニヤ。
この日は武尊もブルブルも、この「あるもので何とかしようセッティング」で演奏することに。
こういう悪知恵だけはすぐに働くのもキャリアの成せる技か?www


夕暮れ迫る渋谷に、徐々にお客さんが集まり始める。
東京在住のの音楽仲間たちも来てくれて、一年ぶりの再会がとても嬉しかった。


イベント開始。
ブルブルは現在正式ボーカリスト不在との事で、サポートVo.の方が歌っていたけれど、
過去に聞いた曲にも一味違ったメロウな艶っぽさが加わっててイイ感じ。
とても馴染んでいて、良い意味で「いつものブルブル」って印象だった。


武尊の出番。
初めての環境ってのはさぞや演りずらいかと思うでしょ?
ところが、個人的には思ったほど不自由はしなかったんです。
おかげさまでいつもどおり楽しませてもらいました。

MCで克さんが、来場していた俺の友人(今回泊めてくれたヤツね)をイジる。
…だけならいざ知らず。僕らが彼を呼ぶときのあだ名「チャーリー」として紹介。
「おぅみんな!!チャーリーに拍手を!!」って…。
直後、会場から「チャーリー!!チャーリー!!」とレスポンス。
何じゃこのノリは?www
でもみんなとても温かいね。


終演後、すっかりサウナ状態のホールを出て夜風にあたる。
汗も止まらないけど、声をかけてくれる友人たちやお客さんの顔をみて笑顔も止まらない。

ものすごく幸せな気分。
こういう御褒美があるから音楽を止められないのかもしれない。



つづく