25日(金)

たまのツアーくらい余裕を持って現場入りしたいので、仕事はお休みを頂いての東京バウンドでござんす。
音楽活動に理解のある雇い主で良かったと思う瞬間。


夕方には都内に着きまして、
ちょいと用事を済ませた後は高円寺に立ち寄ってステージ衣装になりそうなものなど物色。
結局アクセサリー類しか買わなかったけどね。


日が沈んだ頃、かれこれ10年くらい昔に東京に移住した旧友二人と待ち合わせて新宿で一杯。
…のつもりが「いっぱい」飲んでしまったwww

古い友達ってのはイイもんだ。
一年も会ってなかったのに、まるで「先週も会ってました」みたいな顔で飲む飲む飲む飲む。
楽しいったらありゃしねぇ。

が、友人一名はちょいと遠くに住んでるので、イイ頃合いで戦線離脱。
また会おうぜアミーゴ。


…と、そこへ東京在住のかわいらしい友人女性ギタリストからメール着信。
なんでも、今回東京へ行ったら紹介してくれるつもりだったという友人ボーカリストと飲む事になったので、良かったら合流しようぜとのお誘い。

その「友人さん」、実は全く別の線から存在を聞かされていて、サイトもチェックしてたので美人さんであることは周知だったのだ。

これはワクワクだ。
「日頃いろいろ頑張っている(フリの)僕へのご褒美ですか?神様ありがとう」的なテンションで指定の駅を目指す超単純な俺。
旅の間世話になる俺のツレも機嫌良さそうだ。


店に到着してビックリ。
すっかりワインで出来上がって、おそらく俺たちよりも二馬身差でリードしてるであろうお二人。

確かに美人は美人なんだが…何だろ?この親しみ易さは?
俺が普段仲良くしてもらってる札幌の酒飲みミュージシャン達と全く変わらないテンションだ。
逆に何だかホッとするぜ。

聞くと彼女、北海道の出身なんだそうだ。
なるほど、どうりで話し易い。

夜も遅い事だし、程なくして解散かと思いきや「河岸を変えて飲もう」って事になって、焼酎大会に突入。
もはや男女二名ずつの合コンっぽい構図ではなく、見方によってはオッサン四名といっても過言ではない音楽談義。
しまいには「ちょっと、おじさん大丈夫かい?」って話しかけてたもんな〜。
初対面の美人を捕まえてとんでもなく失礼な事を…反省(←ホントか?)

午前3時頃、「アタシのタクシー乗り場はどこだ〜!?アタシん家はどっちだ〜!?」という名言を頂いて解散www


宿泊先である友人宅に着いてまたビックリ。
以前日記で紹介した、「ちっともミニチュアじゃないミニチュアダックスフント」のケルベロス君が大歓迎。
お前は警戒心が無いのか?ってくらいのウェルカム状態ですげーカワイイの。
カワイイけど、さすがはアナグマ狩りの猟犬。
俺のトランクにガンガン頭突っ込んでたもんなwww


友人は仕事のため、翌日は7時起き。
マズいじゃん?
俺は本番初日だし。
絶対マズいじゃん?www


スイッチを切るようにパッタリ就寝。

翌日に続く。