六道ぶらり途中下車の旅

ギタリストだか、ただの賑やかしだかよく分からないオイラが、日々のあれやこれやを綴ったり綴らなかったり…

2015年01月

勝手に告知

連続投稿でアレなんだけど、

先日の日記でも触れたけど、俺の大好きな釧路のバンドが2つあって、
奇しくも両方とも「トリオバンド」で、
これまた奇しくもそれぞれ2月に札幌へのカチ込みを行うらしい。

大変おせっかいながら、勝手に告知したりしてwww


【STONE DEAD CRAZY】
https://m.facebook.com/STONEDEADCRAZY2006
武尊と一緒に札幌や東京でもライブを演ったので、もはやお馴染みとも言える彼ら。
ウチのお客様が「キモかっこいい」と評するほど、あまりにもインパクトの強すぎるG.&Vo.の宮尾氏だが、これがとんでもない実力派で、
あのサーベルタイガー木下さんも「おぉ!あいつ大好き♪」と仰ってました。
一度観たら忘れたくても忘れられない、ちょっとしたトラウマ。

2015.2.1(sun)
LOUD SPACE @ SUSUKINO 810
open 18:00 start 18:30
adv ¥1,500
day ¥2,000
1D別途¥500

出演
Algarex(小樽)
Res'non verba
Art of Life
zhaile
mad tempest
STONE DEAD CRAZY(釧路)

DJ:獄嶽(ROCK IZ NO.1)/T∀KUTO/あきちん


そして、
【BLOODSUCKERS】
https://m.facebook.com/BLDSCKRS?__tn__=C
超クール!超クレイジー!!
パンク、サイコビリー、サーフロックあたりをミキサーにかけて、魔女の鍋で煮詰めると彼らの音楽ができるんだと思う。
まるで悪魔の飲み物みたいなバンド。
インストバンドって、フュージョンやプログレだけじゃないんだぜ。
彼らの作品2タイトルは俺のiPodのヘビーローテーションで、いつも「悪い事のひとつもしてやろうか?」って気にさせる。

OKKI HORROR SHOW
2015.2.21(sat) at 札幌 PIGSTY
open/start 18:00
adv/day 1500yen/2000yen
(+1drink 500yen)

THE FADEAWAYS (from TOKYO)
THE SWAMPS! (from NUMANOHATA)
BLOODSUCKERS (from KUSHIRO)
ザ ゲルピンズ
THE THANKS
MODERN GOODDAYS
AK-47
fall to heck
FELIX!(THE BAND)
DJ OKKI (OKKI HORROR SHOW)
DJ KENT (HANCA HANCA KISS THE DELITE)
DJ BOB (U adoreRED MOTEL)


音楽性は違えど、両バンドともオススメなので、お時間の都合のつく方は是非是非観て下さい。

ご予約があれば、俺に言ってくれれば伝えますよ。

お見舞いに来て

2015-01-24-00-02-10

2014-11-26-12-51-03


今日は武尊のリハに行ってきたんだけど、

もうね…アレよ。

右肩から親指の付け根あたりまでがダル重くて、ジンジン痺れるわけよ。
できることなら右肩から取外して、家に置いておきたい気分。

とりあえずピック握っていられるのが不幸中の幸いで、果たして来月半ばの二連戦の頃にはどのくらい感覚が戻ってるかがポイントだわな。

そんなこんなで、
2/14の武尊、2/15のThe Lion Rendezvous。
あまりにも濃い二日間なので、詳細は添付のフライヤーを見てちょうだいませ。

お見舞いにでも来る感じで応援しに来てくれると幸いです。
女性はナース服のコスプレで来てくれると尚幸いです。

前週末〜本日 いろいろ(オチあり)

2015-01-20-22-59-52


2015-01-19-00-18-47


1/17(土)
2015年初ライブはThe Lion Rendezvousから。
ご来場頂いた皆様、対バンや関係者の皆様、ありがとうございました。
今年も宜しくお願いします。

出演者の中には、懐かしい顔がちらほら。
しかし、よりによって大荒れの天気で、出演者の一人が東京から札幌に戻れないというアクシデントもあり(しかし、それでも本番決行した心意気が素敵)。

打ち上げ終盤は810の碓氷くんと、里帰りだかなんだか分からんisseと、珍しく真面目な話なんかしたりして。
碓氷くんの「だってさ〜、シンゴさん難しい事なんか全然弾かないもんねwww…だから好きなんだよな〜」という言葉は、ありがたい誉め言葉として受け取っておきます。
脳内BGMはRCサクセションの「君が僕を知ってる」


1/18(日)
前日とシリーズのイベント二日目。
しかし俺は仕事のため、悪天候による運休をギリギリ逃れたJRで一路釧路へ。

厳密には月曜の仕事のための前乗りなので、この日は完全オフ。
なので、以前釧路のライブでお世話になったBLOODSUCKERSの五ノ井さんが運営するロックバー「サイコジェニー」にお邪魔しました。
このお店、物凄く俺好みなのだ。

釧路といえば、もはや名物ともいえるSTONE DEAD CRAZYの宮尾くんにも声をかけてたんだけど、
いざ飲み始めたらBLOODSUCKERSのベーシストであるチェリーさん、STONE DEAD CRAZYのベーシストであるナカくんも集まってくれて、なんとも賑やかで楽しい夜になりました。
皆んな、時間を割いてくれてありがとう!


1/19(月)
昨夜の楽しい思い出をモチベーションに頑張りました。
朝っぱらから動いて、帰りのJRに乗り込んだのが19:00。
本州以南にお住いの皆さん、イメージしづらいかも知れんが、釧路→札幌って4時間以上かかるんだぜ。
で、帰宅してやっと落ち着いて時計見たら0:00。日付、変わってやんの。


1/20(火)
本日は朝から江別でのお仕事へ。
クルマを走らせて10分としないうちに、とんでもない大雪に…。
「あれ?ヤバいんじゃない?」と思う間もなく、ほとんどホワイトアウト状態に。
どうした?札幌。
年明けから本気出しやがったか?
現場に着くまでに3箇所の事故現場に出くわしたぜ。

で、ここからが大変。

昼過ぎに一仕事終えて、クルマを置きに一旦帰宅しようと走っていて…。

デカいワゴン車に突っ込まれました(~_~;)

あまりにヤバそうな天気だから、おいら脇道から出てくるかもしれないクルマを警戒して、三車線道路の右側を走ってたんですよ。
時速30kmくらいでトロトロと。

そしたら、やはり脇道からワゴン車が…ってところまでは想定していたものの、どういう訳だか一気に右車線まで飛び出してきやがった。
で、俺の脇っ腹にドカン!だってよ。
助手席側のドアとフェンダー、ベコベコ。

事故相手のオッサン「いや〜、雪で見えなかった」って。

じゃ、何故見えてもいないところに自信満々で突っ込むのか?と。
あんた、目ぇつぶったまま外を歩くのか?と。

ま、とりあえず身体に外傷は無いのでアレですが、年明けから痛めていた首が悪化してしまったらしく腕がビリビリ痺れてるので、明日は検査のため整形外科にいってきます。


皆さんも冬道には気をつけて。

おひさ

遅ればせながら明けましてニャムニャム。
今年も何卒ニャムニャム。


先週のこと、
仕事中に久々のメールをよこしてきたのは、高校時代からの友人(東京在住)で、

「あけおめ」という、まずまずタイムリーな書き出しだったんだけど、続く言葉が「昨夜、父が亡くなったので急遽北海道へ帰る」と…。

全然「あけおめ」じゃねぇべや、馬鹿野郎。

帰ってくるって言ったって、警報が出るほどの悪天候だし、
最悪の場合は俺がクルマを出して空港から強引に故郷まで連れ帰る覚悟だったんだけど、何とか辿り着けたようで一安心。


で、東京に帰る前に札幌でワンクッション置くというので、今夜は久々に会うことになりました。
こんなタイミングで、俺も何の予定も無くて良かった良かった。

夕方から5時間ばかり居酒屋で、
ノンストップで、仕事のことや音楽のこと、お互いを取り巻く環境のことなど話しまくって、終電が無くなる前に帰宅したんだけど、
まずは彼が取り乱すとこもなく、冷静に今後のことを考えていると分かって安心した次第です。

最後の最後に「飲み屋にカバンを忘れた!」という、彼らしいオチには笑ったけれど。


いつの間にか俺たちはそういう世代になっていて、もうガキの頃みたいに夢ばかり見ていられないのだけれど、
望もうと望むまいと、まだまだ生きて行かなくちゃならないし、
それは自分自身の為だけのものではないんだよね。

生きる意味を探す。
生きる動機を探す。

まだまだ結論は分からないけれど。
今週末もまた、ギターをガチャガチャ掻き毟りますよ。

俺やあんたが生きてるうちに会いに来て。


◆2015年 1月17日(土)
~FAZ&ザ・ビールス初札幌ライヴ~
sapporo mixedup night 2015

会場:SUSUKINO 810
open 18:00 / start 18:30
adv2500 / day3000 (1drink代別途)

act:
THE LION RENDEZVOUS
FAZ (東京)
ザ・ビールス(東京)
BBA
NaughtyPlayboyz
more...
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ